990-91381A-018

UPSと保守バイパスキャビネットの相互接続

  1. UPSを保守バイパスキャビネットの隣の位置に押し込みます。耐震アンカーと位置を合わせます(存在する場合)。
  2. レンチを使用して、保守バイパスキャビネットおよびUPSの前面と背面の水平調節の脚部を床面に着くまで下げます。キャスターが床面に着かないようにしてください。水平器を使用して、キャビネットが水平になっているかどうかを確認します。
    注記
    機器損傷の危険性
    水平調節の脚部を下げた後は、キャビネットを動かさないでください。
    上記の指示に従わないと、機器の損傷を負う可能性があります。
  3. 図のように、保守バイパスキャビネットと前面のUPSをネジで相互接続します。
  4. 上部ブラケットを取り付けます。上部ブラケットは、保守バイパスキャビネットの側面から取り外されていました。
  5. UPSの内側のドアを開けます。
  6. 図のように、UPSから2本の特殊なネジを取り外し、保守バイパスキャビネットとUPS間の背面相互接続に使用します。
このページのためのQRコード

この情報は役に立ちましたか?