990–5947A–018

安全性に関する注意

危険
感電、爆発、またはアークフラッシュの危険
設置マニュアルの指示をすべて読んでから、この製品の設置や作業を開始してください。
これらの指示に従わない場合は、死亡または重傷を負うことになります。
危険
感電、爆発、またはアークフラッシュの危険
すべての作業が完了し、設置場所の清掃が終了するまで、この製品を設置しないでください。
これらの指示に従わない場合は、死亡または重傷を負うことになります。
危険
感電、爆発、またはアークフラッシュの危険
この製品は、Schneider Electric社の仕様と要件に従って設置する必要があります。特に、外部および内部の保護(上流ブレーカー、バッテリーブレーカー、ケーブル配線など)と環境要件は重要です。これらの要件に従わなかった場合、Schneider Electric社は責任を負わないものとします。
これらの指示に従わない場合は、死亡または重傷を負うことになります。
危険
感電、爆発、またはアークフラッシュの危険
UPSシステムは地方自治体および国家における規則に従って設置される必要があります。UPSは、以下の規格に従って設置してください。
  • IEC 60364(60364–4–41 - 感電に対する保護、60364–4–42 - 熱効果に対する保護、60364–4–43 - 過電流に対する保護を含む)、または
  • NEC NFPA 70、または
  • カナダの電気規則(C22.1、パート1)
使用地域で適用される規格に従ってください。
これらの指示に従わない場合は、死亡または重傷を負うことになります。
危険
感電、爆発、またはアークフラッシュの危険
  • この製品は、導電性汚染物質や湿気のない、温度管理された屋内環境に設置してください。
  • この製品は、システムの重量を支えられる、不燃性の平坦で硬い床面(例、コンクリート面)に設置する必要があります。
これらの指示に従わない場合は、死亡または重傷を負うことになります。
危険
感電、爆発、またはアークフラッシュの危険
この製品は、設計上、次のような影響物が存在する動作環境に設置することはできません。
  • 有害な煙
  • 爆発の危険があるガス、粉体混合物、腐食性ガス、他の熱源からの伝導熱や輻射熱
  • 水分、磨耗性塵埃、蒸気、または過度な湿度
  • 菌類、昆虫類、有害生物
  • 塩分を含んだ空気または汚染された冷却材
  • IEC 60664-1が規定するレベル2を超える汚染物
  • 異常振動、衝撃、傾斜
  • 直射日光、熱源、強力な電磁場
これらの指示に従わない場合は、死亡または重傷を負うことになります。
危険
感電、爆発、またはアークフラッシュの危険
取り付けられている配線口カバーに、ドリルまたは切削によりケーブルや電線管用の穴を開けないでください。また、このUPS装置の近くで穴開けまたは切断作業を行わないでください。
これらの指示に従わない場合は、死亡または重傷を負うことになります。
警告
アークフラッシュの危険
設置マニュアルで指示されていない限り、この製品に機械的変更(キャビネット部品の取り外し、ドリルや切削による穴開けなど)を加えないでください。
これらの指示に従わない場合は、死亡または重傷を負う、または機器を破損する可能性があります。
注記
過熱の危険
この製品周囲のスペースの要件を順守し、製品の動作中に製品の換気口をふさがないでください。
これらの指示に従わない場合は、機器を破損する可能性があります。
このページのためのQRコード

この情報は役に立ちましたか?