990-91216A-018

並列保守バイパス盤の壁面への取り付け

注意
傷害または機器損傷の危険
  • 並列保守バイパス盤は、構造的に安定しユニットの重量を支持できる壁面またはラックに取り付けてください。
  • 壁およびラックタイプに対して適切な取り付け用金具を使用してください。
上記の指示に従わないと、負傷または機器の損傷を負う可能性があります。
  1. 壁に開ける4個の取り付け穴の位置を計測して印を付けます。

    GVSBPAR10K30H

    GVSBPAR40K50H

    GVSBPAR60K120H

     
  2. 印を付けた4つの各位置に穴を開け、アンカーボルトを取り付けます。
  3. ネジを取り外して、並列保守バイパス盤の内側のドアを開けます。
  4. 並列保守バイパス盤を壁面に取り付けます。
このページのためのQRコード

この情報は役に立ちましたか?