990-91262A-018

最終設置

危険
感電、爆発、またはアークフラッシュの危険
バッテリーには、感電やショートの危険性があります。バッテリーを取り扱う際は、以下の注意に従う必要があります。
  • 腕時計や指輪など、金属製の物は外してください。
  • 絶縁ハンドル付きの工具を使用してください。
  • 保護メガネ、手袋、保護靴を装着してください。
  • バッテリーの上に工具や金属のパーツを置かないでください。
  • バッテリー端子の接続や切断を行う前に、充電源の接続を解除してください。
  • バッテリーが誤って接地されていないかどうかを確認してください。誤って接地されている場合は、接地から外してください。接地されたバッテリーに触れると感電する危険性があります。設置や保守の間、接地を外しておけば、感電の危険性を減らすことができます(接地式電源回路を持たない機器やリモートバッテリー電源が該当します)。
上記の指示に従わないと、死亡または重傷を負うことになります。
警告
機器損傷の危険性
システムが通電可能な状態になってから、バッテリーをシステムに搭載してください。バッテリー搭載から72時間(3日間)以上経過する前に、UPSシステムの電源を入れる必要があります。
上記の指示に従わないと、死亡、重傷、または機器の損傷を負う可能性があります。
  1. 以下の図に示すカバーを再度取り付けます(A、Bの順)。カバーを所定の位置に取り付ける際に、Class 2/SELV信号ケーブルを取り外す必要がある場合があります。カバー上のブリッジにClass 2/SELV信号ケーブルを固定します。
  2. レンチを使用して、UPSの前面と背面の水平調節の脚部を床面に着くまで下げます。水平器を使用してUPSが水平であることを確認します。
    注記
    機器損傷の危険性
    レベリングフィートを下げた後はキャビネットを動かさないでください。
    上記の指示に従わないと、機器の損傷を負う可能性があります。
  3. 耐震固定の場合のみUPSの前面固定用金具を床に固定します。床の材質に合った適切な金具を使用してください。前面固定用金具のブラケット穴の直径はø13mmです。使用する金具の最小要件は、M12グレード8.8です。
  4. バッテリーブレーカーの位置を「開(OFF)」にします。
  5. バッテリーモジュールをスロットに押し込みます。その際、下から順にバッテリーモジュールを取り付けてください。必ず、バッテリーストリング全体(4つのバッテリーモジュール)を各ラックに取り付けてください。
  6. バッテリーモジュールのハンドルを下げ、付属のネジを使用してハンドルをラックに固定します。
  7. バッテリーモジュールの前面にバッテリー端子を接続します。
  8. UPSにバッテリーカバーを再度取り付けます。
  9. 前面パネルを再度取り付けます。
  10. ディスプレイから伸びる2本の信号ケーブルを再度接続します。信号ケーブルを、左上隅のケーブルタイで固定します。
このページのためのQRコード

この情報は役に立ちましたか?