990-91111E-018

1+1簡易並列システムのIMB信号線の接続

注: 信号線は電源ケーブルから切り離して配線し、十分な絶縁を確保してください。
  1. 両方のUPSからスタティックスイッチのモジュールを取り外します。

    UPSの前面図

  2. 両方のUPSからカバーを取り外します。

    UPSの前面図

  3. 両方のUPSにある内部保守ブレーカーIMBから表示灯への信号線を取り外します。
  4. 両方のUPSからラックを取り外します。

    UPSの前面図

  5. 両方のUPSにある内部保守ブレーカーIMBから前面カバーを取り外します。

    UPSの前面図

  6. 両方のUPSにある内部保守ブレーカーIMBのOF2位置に、追加の補助スイッチ(付属品)を取り付けます。
  7. 2つのUPSをnon-Class 2/non-SELV信号線で接続します。
    1. 下図のとおり、UPS 1の内部保守ブレーカーIMBの補助スイッチの端子1および端子2から、UPS 2のボード640-4843のJ6614-5およびJ6614-6に、non-Class 2/non-SELV信号線(付属していません)を接続します。
    2. 下図のとおり、UPS 2の内部保守ブレーカーIMBの補助スイッチの端子1および端子2から、UPS 1のボード640-4843のJ6614-5およびJ6614-6に、non-Class 2/non-SELV信号線(付属していません)を接続します。

    内部保守ブレーカーIMBの前面図

    1+1簡易並列システムの前面図

  8. 両方のUPSにある内部保守ブレーカーIMBに前面カバーを再度取り付けます。
  9. 両方のUPSにラックを再度取り付けます。
  10. 両方のUPSにある内部保守ブレーカーIMBから表示灯への信号線を再接続します。

    UPSの前面図

  11. 両方のUPSにカバーを再度取り付けます。
  12. 両方のUPSにスタティックスイッチのモジュールを再度取り付けます。
このページのためのQRコード

この情報は役に立ちましたか?