990-91111K-018

440 V船舶システムの仕様

注記: 440 Vは、Marine UPSモデルにのみ適用されます。

入力仕様440 V船舶システム

UPS定格 20 kW 30 kW 40 kW 50 kW 60 kW 80 kW 100 kW 120 kW 150 kW
接続 1系統主電源システムの入力接続: 3線(L1、L2、L3、PE)WYEまたは4線(L1、L2、L3、N、PE)WYE
2系統主電源システムの入力接続: 3線(L1、L2、L3、PE)WYE
入力電圧範囲(V) 374~506
周波数範囲(Hz) 40~70
公称入力電流(A) 28 41 55 69 82 109 137 165 204
最大入力電流(A)

34

51

66

82

99

131

166

199

248

入力電流制限(A)

35

53

68

84

103

136

168

205

252

入力力率 負荷が50%を超える場合:0.99
負荷が25%を超える場合:0.95
総合高調波電流歪み(THDI) <5%(負荷100%時) <3%(負荷100%時) <5%(負荷100%時) <3%(負荷100%時) <5%(負荷100%時) <3%(負荷100%時)
最小短絡遮断容量定格 上流保護に依存します。詳細については、「推奨される上流保護440 V船舶システム」セクションを参照してください。
最大短絡遮断容量 65 kA実効値
保護

内蔵のバックフィード保護およびヒューズ

ランプイン

適応範囲は1~40秒で、プログラム可能

注記: N+1パワーモジュール付きUPSでは、入力電力係数は負荷が100%の場合に0.99、総合高調波電流歪み(THDI)は全線形負荷(対称)の場合に6%未満になります。

バイパス仕様440 V船舶システム

UPS定格 20 kW 30 kW 40 kW 50 kW 60 kW 80 kW 100 kW 120 kW 150 kW
接続 3線(L1、L2、L3、PE)WYEまたは4線(L1、L2、L3、N、PE)WYE
バイパス電圧範囲(V) 396~484
周波数範囲(Hz) 50/60 ± 1、50/60 ± 3、50/60 ± 10(ユーザーが選択できます)
公称バイパス電流(A)

27

40

54

68

81

108

134

162

202

公称中性点電流(A) *

45

67

92

116

138

183

228

228

228

最小短絡遮断容量定格 上流保護に依存します。詳細については、「推奨される上流保護440 V船舶システム」セクションを参照してください。
最大短絡遮断容量 65 kA実効値
保護 内蔵のバックフィード保護およびヒューズ
内部ヒューズの仕様:定格400 A、溶断33 kA2s
内蔵のバックフィード保護およびヒューズ
内部ヒューズの仕様:定格550 A、溶断52 kA2s

出力仕様440 V船舶システム

UPS定格 20 kW 30 kW 40 kW 50 kW 60 kW 80 kW 100 kW 120 kW 150 kW
接続 3線(L1、L2、L3、PE)4線(L1、L2、L3、N、PE)
出力電圧精度 対称負荷± 1%
非対称負荷± 3%
過負荷耐量 150%、1分間(通常運転)
125%、10分間(通常運転)
125%、1分間(バッテリー運転)
125%、連続運転(バイパス運転)
1000%、100ミリ秒(バイパス運転)
過渡電圧変動 2ミリ秒経過後± 5%
50ミリ秒経過後± 1%
出力力率 1
公称出力電流(A)

26

39

52

66

79

105

131

157

197

最小短絡遮断容量定格 * 上流保護に依存します。詳細については、「推奨される上流保護440 V船舶システム」セクションを参照してください。
最大短絡遮断容量 * 65 kA実効値

インバーター出力短絡特性

時間によって異なります。インバーター短絡特性(バイパスが利用できない場合)に記載されているグラフと表の値を参照してください。
周波数精度(Hz) 50/60 Hz(バイパス同期時) – 50/60 Hz ± 0.1%(自立運転時)
同期スルーレート(Hz/秒) 0.25、0.5、1、2、4、6にプログラム可能
総合高調波電圧歪み(THDU) 線形負荷の場合:<1%
、非線形負荷の場合:<5%
負荷波高率 2.5
負荷力率 低減なしで進み0.7~遅れ0.7

バッテリー仕様440 V船舶システム

危険
感電、爆発、またはアークフラッシュの危険
  • 蓄電デバイスの保護:蓄電デバイスのすぐ近くに過電流保護デバイスを設置する必要があります。
  • すべてのバッテリーブレーカーでトリップ遅延をゼロに設定する必要があります。
上記の指示に従わないと、死亡または重傷を負うことになります。
UPS定格 20 kW 30 kW 40 kW 50 kW 60 kW 80 kW 100 kW 120 kW 150 kW
負荷0~40%時の出力電力に対する充電電力の割合(%)* 80%
負荷100%時の出力電力に対する充電電力の割合(%) 20%
負荷0~40%時の最大充電電力(kW)* 16 24 32 40 48 64 80 96 120
負荷100%時の最大充電電力(kW) 4 6 8 10 12 16 20 24 30
公称バッテリー電圧(VDC) 32~48ブロック:384~576 40~48ブロック:480~576 35~48ブロック:420~576 32~48ブロック:384~576 40~48ブロック:480~576
公称浮動電圧(VDC) 32~48ブロック:436~654 40~48ブロック:545~654 35~48ブロック:477~654 32~48ブロック:436~654 40~48ブロック:545~654
最大ブースト電圧(VDC) 48ブロックに対して720
温度補償(セル当たり) -3.3mV/°C(T ≥ 25 °Cの場合)~0mV/°C(T < 25 °Cの場合)
全負荷時の放電終止電圧(VDC) 32ブロック:307 40ブロック:384 35ブロック:336 32ブロック:307 40ブロック:384
全負荷および公称バッテリー電圧時のバッテリー電流(A) * 54 81 108 108 130 173 218 261 326
全負荷および最小バッテリー電圧時のバッテリー電流(A) * 68 101 135 135 162 216 270 325 406
リップル電流 < 5% C20(5分間のランタイム)
バッテリーテスト 手動/自動(選択可能)
最大短絡遮断容量 10 kA

サージ保護装置(SPD)

危険
感電、爆発、またはアークフラッシュの危険
このUPSはOVCII(過電圧カテゴリII)に準拠しています。OVCIIに準拠している環境でのみ、このUPSを設置することができます。
  • OVC定格がIIより高い環境にUPSを設置する場合は、過電圧カテゴリをOVCIIに下げるために、UPSの上流側にSPD(サージ保護装置)を設置する必要があります。
  • SPDには、SPDが動作可能であるのか、または設計通りに機能しなくなったのかをユーザーに表示する、状態表示器が含まれていなければなりません。状態表示器は、IEC 62040-1に従って、視覚的および/または可聴的であり、かつ/または遠隔操作信号および/または出力接点機能を備えています。
上記の指示に従わないと、死亡または重傷を負うことになります。

サージ保護装置の要件

以下の要件に適合するサージ保護装置を選択してください。

クラス タイプ2
定格電圧(Ur) 230/400 V、277/480 V
電圧保護レベル(Up) < 2.5 kV
短絡定格(Isccr)* 設置時予想短絡レベルにより異なります
接地システム* TN-S、TT、IT、TN-C
3極/4極(接地構成により異なります)
標準 IEC 61643-11 / UL 1449
モニタリング あり

推奨ケーブルサイズ440 V船舶システム

危険
感電、爆発、またはアークフラッシュの危険
すべての配線は、国が定める基準および/または電気規定に準拠する必要があります。最大許容ケーブルサイズは150 mm2です。
上記の指示に従わないと、死亡または重傷を負うことになります。

バスバー1個あたりのケーブル接続の最大数:入力/出力/バイパスバスバーに2本、DC+/DC-バスバーに4本、N/PEバスバーに6本。

注記: 過電流保護は、別途ご用意ください。

このマニュアルに記載されているケーブルサイズは、IEC 60364-5-52の表B.52.3および表B.52.5の以下の表記内容に基づいています。

  • 導体温度90 °C

  • 周囲温度30 °C

  • 銅導体またはアルミニウム導体を使用

  • 設置方法C

PEケーブルのサイズは、IEC 60364-4-54の表54.2に基づいています。

周囲温度が30 °Cを超える場合、IECで明記されている補正係数に従ってより大きな導体を選択する必要があります。

注記: 推奨ケーブルサイズと最大許容ケーブルサイズは、補助製品によって異なる場合があります。一部の補助製品では、アルミニウムケーブルがサポートされていません。補助製品に付属している設置マニュアルを参照してください。
注記: ここに示すDCケーブルのサイズは推奨されるサイズです。DCおよびDC PEケーブルサイズについて、バッテリーソリューションのマニュアルの詳細な指示に必ず従ってください。また、DCケーブルのサイズがバッテリーブレーカーの定格に合っていることを確認してください。
注記: 中性導体は、非線形負荷から高調波が発生した場合の1.73倍の相電流を処理できるサイズです。高調波電流は発生しない、または低調波電流が予想される場合は、これに従って中性導体のサイズを変更できますが、相導体よりも小さくすることはできません。
注記: 20~40 kW:DCケーブルのサイズは、32個のバッテリーブロックによって決まります。50~100 kW:DCケーブルのサイズは、40個のバッテリーブロックによって決まります。

UPS定格 20 kW 30 kW 40 kW 50 kW 60 kW 80 kW 100 kW 120 kW 150 kW
入力相(mm2 6 10 16 25 35 50 70 95 120
入力PE(mm2 6 10 16 16 16 25 35 50 70
バイパス/出力相(mm2 6 6 10 16 25 35 50 70 95
バイパスPE/出力PE(mm2 6 6 10 16 16 16 25 35 50
中性点(mm2 10 16 25 35 50 70 95 95 95
DC+/DC- (mm2) 10 25 35 35 50 70 95 95 2 x 70
DC PE(mm2 10 16 16 16 25 35 50 50 70

アルミニウム

UPS定格 20 kW 30 kW 40 kW 50 kW 60 kW 80 kW 100 kW 120 kW 150 kW
入力相(mm2 6 16 25 35 50 70 95 120 150
入力PE(mm2 6 16 16 16 25 35 50 70 95
バイパス/出力相(mm2 6 10 16 25 35 50 70 95 150
バイパスPE/出力PE(mm2 6 10 16 16 16 25 35 50 95
中性点(mm2 10 25 35 50 70 95 2 x 70 2 x 70 2 x 70
DC+/DC- (mm2) 16 35 50 50 70 95 2 x 70 2 x 70 2 x 95
DC PE(mm2 16 16 25 25 35 50 70 70 95

推奨される上流保護440 V船舶システム

危険
感電、爆発、またはアークフラッシュの危険
  • 並列システムの場合、瞬時引き外し電流(Ii)値を1250 Aより高く設定しないでください。上流サーキットブレーカーの横に、危険を知らせるためにラベル885-92556を配置します。
  • UPS定格20~120 kWの場合:3つ以上のUPSを備えた並列システムでは、各UPSの出力にサーキットブレーカーを取り付ける必要があります。ユニット出力ブレーカー(UOB)の瞬時引き外し電流(Ii)値は、1250 Aより高く設定しないでください。
  • UPS定格150 kWの場合:2つ以上のUPSを備えた並列システムでは、各UPSの出力にサーキットブレーカーを取り付ける必要があります。ユニット出力ブレーカー(UOB)の瞬時引き外し電流(Ii)値は、1250 Aより高く設定しないでください。
上記の指示に従わないと、死亡または重傷を負うことになります。
注記: 地域での指令により4極サーキットブレーカーが必要な場合:ライン-中性相間の非線形負荷のために中性導体に大きな電流が流れることが予想される場合、サーキットブレーカーの定格は予測される中性点電流に従って決める必要があります。
注記
意図しない機器操作のリスク
地絡保護として上流に残留電流動作保護装置(RCD-B)を使用する場合、RCD-Bは本製品の漏れ電流(最大91 mA)でトリップしないようなサイズにする必要があります。
上記の指示に従わないと、機器の損傷を負う可能性があります。

UPS入力/バイパス端子におけるIEC向け推奨上流保護および位相と接地間の最小予想短絡

危険
感電、爆発、またはアークフラッシュの危険
上流の過電流保護装置(およびその設定)は、UPSの入力/バイパス端子で計算または測定された最小予想短絡電流に対して、0.2秒以内の切断時間を確保するサイズにする必要があります。
上記の指示に従わないと、死亡または重傷を負うことになります。
以下の表に記載されている推奨ブレーカー(およびその設定)を使用することで、コンプライアンスが保証されます。

推奨される上流保護440 V IEC船舶システム

IkPh-PEは、UPSの入力/バイパス端子で必要とされる位相と接地間の最小予想短絡電流です。表に記載されているIkPh-PEは推奨保護装置に基づいています。

UPS定格 20 kW 30 kW 40 kW
  入力 バイパス 入力 バイパス 入力 バイパス
IkPh-PE(kA) 0.6 0.5 0.6 0.5 0.7 0.6
ブレーカータイプ NSX100H TM40D(C10H3TM040) NSX100H TM32D(C10H3TM032) NSX100H TM63D(C10H3TM063) NSX100H TM50D(C10H3TM050) NSX100H TM80D(C10H3TM080) NSX100H TM63D(C10H3TM063)
In 40 32 63 50 80 63
Ir 40 32 63 50 80 63
Im 500(固定) 400(固定) 500(固定) 500(固定) 640(固定) 500(固定)
UPS定格 50 kW 60 kW 80 kW 100 kW
  入力 バイパス 入力 バイパス 入力 バイパス 入力 バイパス
IkPh-PE(kA) 0.8 0.7 1.5 0.8 1.6 1.5 2 1.6
ブレーカータイプ NSX100H TM100D(C10H3TM100) NSX100H TM80D(C10H3TM080) NSX160H TM125D(C16H3TM125) NSX100H TM100D(C10H3TM100) NSX160H TM160D(C16H3TM160) NSX160H TM125D(C16H3TM125) NSX250H TM200D(C25H3TM200) NSX160H TM160D(C16H3TM160)
In 100 80 125 100 160 125 200 160
Ir 100 80 125 100 160 125 200 160
Im 800(固定) 640(固定) 1250(固定) 800(固定) 1250(固定) 1250(固定) ≤6 x In 1250(固定)
UPS定格 120 kW 150 kW
  入力 バイパス 入力 バイパス
IkPh-PE(kA) 2.5 2 3 2.5
ブレーカータイプ NSX250H TM250D(C25H3TM250) NSX250H TM200(C25H3TM200) NSX400H Mic.L 2.3(C40H32D400) NSX250H TM250(C25H3TM250)
In/Io 250 200 280 250
Ir 250 200 280 250
tr
Im/Isd ≤5 x In ≤6 x In 10 ≤5 x In
tsd
li
UPS定格 20~60 kW 80 kW 100-~150 kW
  バッテリー
ブレーカータイプ ComPacT NSX250S(C25S3TM250D) ComPacT NSX630S DC(C63S3TM600D)
Ir 175 225 420
Im 1250 1250 1500

IECに推奨されるボルトおよびラグサイズ

ケーブルのサイズ(mm2 ボルトサイズ ケーブルラグの種類
6 M8 x 25 mm TLK6-8
10 M8 x 25 mm TLK10-8
16 M8 x 25 mm TLK16-8
25 M8 x 25 mm TLK25-8
35 M8 x 25 mm TLK35-8
50 M8 x 25 mm TLK50-8
70 M8 x 25 mm TLK70-8
95 M8 x 25 mm TLK95-8
120 M8 x 25 mm TLK120-8
150 M8 x 25 mm TLK150-8
QR Code is a registered trademark of DENSO WAVE INCORPORATED in Japan and other countries.

この情報は役に立ちましたか?