990-91261C-018

設置の準備

危険
感電、爆発、またはアークフラッシュの危険
取り付けられている配線口カバーに、ケーブルや電線管用の穴をドリルやパンチで開けないでください。また、UPS装置の近くでドリルやパンチを使用しないでください。
これらの指示に従わない場合は、死亡または重傷を負うことになります。
注: 信号線は、電源ケーブルとは個別に配線し、Class 2/SELVケーブルはnon-Class 2/non-SELVケーブルとは個別に配線してください。
  1. 前面パネルを取り外します。
  2. パワーモジュールが事前に取り付けられていないUPSの場合:以下の手順でパワーモジュールを取り付けます。
    1. パワーモジュールの空のラックで、両側のネジを外します。
    2. パワーモジュールをラック内に押し込みます。
    3. ラックの両側のネジを元に戻します。
  3. 上部カバーを取り外します。
    1. ネジを取り外し、上部カバーの前面を上に傾けます。
    2. 上部カバーを後方にスライドさせて取り外します。上部カバーの後部のタップは、UPS背面にあるスロットから取り外す必要があります。
  4. バッテリーカバーを取り外します。バッテリーモジュールの前面からバッテリー端子を取り外します。
  5. 保守バイバスキャビネットを使用して設置する場合:右側のサイドパネルを取り外します。このサイドパネルは、保守バイパスキャビネットに再度取り付けます。
  6. 隣接するモジュール式バッテリーキャビネットを使用して設置する場合:左側のサイドパネルを取り外します。
  7. 背面の配線口カバーと背面のブラシプレートをUPSから取り外します。これは信号線を配線するためです。

    UPSの背面図

  8. 次のいずれかを実行します。
    • 電線管なしの設置の場合ブラシプレートを再度取り付けます。
    • 電線管を使用した設置の場合配線口カバーに電線管用の穴を開け、配線口カバーを再度取り付けます。
  9. non-Class 2/non-SELVの信号線を左の背面ブラシプレート/配線口カバーから通して、UPSの内部に配線します。
  10. Class 2/SELVの信号線を中央の背面ブラシプレート/配線口カバーから通して、UPSの内部に配線します。
  11. コントローラーボックスに接続されている外部の通信ケーブルを右の背面ブラシプレート/配線口カバーとケーブルチャネルに通して、UPSの前面に配線します。

    電線管なしのUPSの背面図

    電線管を使用したUPSの背面図

  12. UPSの背面から配線ボックスを取り外します。
  13. 配線ボックスから背面プレートと上部または下部の配線口カバーを取り外します。
  14. 上部または下部の配線口カバーに電源ケーブル/電線管用の穴を開けます。必要に応じて、電線管(付属していません)を取り付けます。
  15. 配線ボックスに上部または下部の配線口カバーを再度取り付けます。
  16. UPSに配線ボックスを取り付けます。配線ボックスが逆の位置に取り付けられていることに注意してください。
このページのためのQRコード

この情報は役に立ちましたか?