990–5947A–018

電気的安全性

危険
感電、爆発、またはアークフラッシュの危険
  • 電気機器の据え付け、運転、点検、保守は、必ず有資格者が実施する必要があります。
  • 適切な個人保護具(PPE)を使用し、安全な電気作業方法に従って作業してください。
  • このUPSシステムに対する作業は、内部、外部の別を問わず、このUPS装置のあらゆる電源をオフにしてから実施してください。
  • このUPSシステムの作業を始める前に、保護接地も含め、あらゆる端子間で危険な電圧がかかっていないことを確認してください。
  • UPSには、蓄電池が内蔵されています。商用電源/主電源から切り離されている状態でも、電圧がかかっている場合があります。このUPSシステムの設置や点検を行う前に、必ず装置電源をオフにし、商用電源/主電源とバッテリーの接続を解除してください。このUPS装置内部を開く場合は、コンデンサーの放電が終わるまで5分程度待ってから開いてください。
  • 各地域の規制に従って上流電源からシステムを絶縁するため、断路装置(断路ブレーカーやスイッチ)を取り付ける必要があります。この断路装置は、作業しやすく見やすい場所に設置してください。
  • UPSは適切にアース処理/接地されていなければなりません。また、高い漏れ電流のため、アース処理/接地導体を最初に接続する必要があります。
これらの指示に従わない場合は、死亡または重傷を負うことになります。
危険
感電、爆発、またはアークフラッシュの危険
バックフィード保護が標準設計となっていないシステムの場合、絶縁装置の入力端子での危険電圧やエネルギーを防ぐために、自動絶縁装置(バックフィード保護オプション、もしくはIEC/EN 62040–1またはUL1778 4th Editionの二つの規格のうち使用地域で適用されるいずれかの規格要件を満たしている他の装置)を設置する必要があります。上流電源の停電後15秒以内に装置を開放する必要があり、仕様に従った定格である必要があります。
これらの指示に従わない場合は、死亡または重傷を負うことになります。

UPSの入力電源が外部断路装置を通じて接続されているときで、開放により中性線断となる場合、もしくは自動のバックフィード防止装置が機器外部に設置されているときもしくはIT配電システムに接続されているときは、UPS入力端子およびUPSから離隔しているすべての一次電源断路装置およびそれら断路装置とUPS間の外部アクセスポイントに、次のテキスト(またはUPSシステムが設置されている国の言語で同等に記載されたテキスト)を表示するラベルをユーザーが貼り付ける必要があります。

危険
感電、爆発、またはアークフラッシュの危険
電圧バックフィードの恐れがあります。この回路で作業する前にUPSを絶縁し、保護接地を含むすべての端子間の危険電圧を確認してください。
これらの指示に従わない場合は、死亡または重傷を負うことになります。
このページのためのQRコード

この情報は役に立ちましたか?