990-91375-018

電源ケーブルの接続

危険
感電、爆発、またはアークフラッシュの危険
バッテリーケーブルをバッテリーブレーカーボックスに接続する前に、UPSシステムの電源を完全にオフにしてください。
上記の指示に従わないと、死亡または重傷を負うことになります。
危険
感電、爆発、またはアークフラッシュの危険
TTおよびTNシステムでは、システムに配電している配電盤の保護接地端子に、単独のキャビネットを個々に接続する必要があります。
上記の指示に従わないと、死亡または重傷を負うことになります。
警告
アークフラッシュの危険
電源ケーブルの接続には、付属のM10ボルトとナットを使用してください。
上記の指示に従わないと、死亡、重傷、または機器の損傷を負う可能性があります。
  1. バッテリーブレーカーをロックアウト(施錠)およびタグアウト(警告札掛け)します。
  2. 図のようにPEケーブルをUPSからバッテリーブレーカーボックスに配線し、接続します。

    GVBBB630EL-1CB:下部入線

    GVBBB630EL-2CB:上部入線と下部入線

    GVBBB630EL-2CB:下部入線のみ

    GVBBB630EL-3CB:上部入線と下部入線

  3. 図のようにDCケーブルをUPSからバッテリーブレーカーボックスに配線し、接続します。
    危険
    感電、爆発、またはアークフラッシュの危険
    バッテリーブレーカーの上部に保護カバーを再度取り付けてから、設置を続行してください。
    上記の指示に従わないと、死亡または重傷を負うことになります。
  4. バッテリーケーブルをバッテリーバンクからバッテリーブレーカーボックスの底部を通して配線し、接続します。
    危険
    感電、爆発、またはアークフラッシュの危険
    • バッテリーブレーカーの底部に保護カバーを再度取り付けてから、設置を続行してください。
    • 極性が正しいことを確認してください。
    上記の指示に従わないと、死亡または重傷を負うことになります。
  5. バッテリーブレーカーボックスの左側、上部、底部にあるケーブルリリーフにケーブルを取り付けます。
このページのためのQRコード

この情報は役に立ちましたか?