990-91460B-018

Galaxy VL UPSへのボトムエントリーキャビネットの取り付け

危険
感電、爆発、またはアークフラッシュの危険
取り付けられている配線口カバーにドリルやパンチで穴を開けないでください。また、キャビネットの近くでドリルやパンチを使用しないでください。
上記の指示に従わないと、死亡または重傷を負うことになります。
  1. UPSから左側のサイドパネルを取り外してください。
  2. ブラケット(A)と(B)をボトムエントリーキャビネットから取り外します。ボトムエントリーキャビネットの背面にブラケット(A)を取り付けます。UPSとの上部相互接続用にブラケット(B)を保管します。

    ボトムエントリーキャビネットの前面図

    ボトムエントリーキャビネットの背面図

  3. ボトムエントリーキャビネットを最終的な設置位置に押し込みます。耐震アンカーと位置を合わせます(存在する場合)。耐震アンカーのないシステムの場合は、背面の搬送用金具をボトムエントリーキャビネットの背面に再度取り付けて、床に固定します。

    耐震アンカー付き背面図

    耐震アンカーなし背面図

  4. レンチを使用して、ボトムエントリーキャビネットの前面と背面の水平調節脚を床面に着くまで下げます。キャスターが床面に着かないようにしてください。水平器を使用してボトムエントリーキャビネットが水平であることを確認します。
    注記
    機器損傷の危険
    水平調節脚を下げた後は、キャビネットを動かさないでください。
    上記の指示に従わないと、機器の損傷を負う可能性があります。
  5. 電源ケーブルと信号ケーブルを準備します。
    1. ボトムエントリーキャビネットから、前面中央のプレート、前面下部のプレート、および三角形のカバーを取り外します。
    2. 信号ケーブルの配線口カバーと電源ケーブルの配線口カバーを取り外します。
    3. 電源ケーブルの配線口カバーから2つのキャスターを取り外します。
    4. 配線口カバーに電線管/グロメット用の穴を開けます。必要に応じて、電線管/グロメット(別売り)を取り付けます。
    5. 配線口カバーを元に戻します。三角形のカバー、前面下部のプレート、および前面中央のプレートは、最終設置のために保管してください。
  6. UPSをボトムエントリーキャビネットの隣の位置に押し込みます。耐震アンカーと位置を合わせます(存在する場合)。
  7. レンチを使用して、UPSの前面と背面の水平調節脚を床面に着くまで下げます。キャスターが床面に着かないようにしてください。水平器を使用してUPSが水平であることを確認します。
    注記
    機器損傷の危険
    水平調節脚を下げた後は、キャビネットを動かさないでください。
    上記の指示に従わないと、機器の損傷を負う可能性があります。
  8. 図のように、ボトムエントリーキャビネットと前面のUPSをネジで相互接続し、上部ブラケットを取り付けます上部ブラケットは、ボトムエントリーキャビネットの上部から取り外されていました。
  9. UPSの銅製のバスバーから、2本の特殊なネジを取り外します。

    UPSの前面図

  10. キット0H-1818の2本のネジを取り付け、銅製のバスバーを棚に再度固定します。
  11. 図のように、ボトムエントリーキャビネットとUPS間の背面相互接続用に、2本の特殊なネジを取り付けます。

    ボトムエントリーキャビネットおよびUPSの前面図

  12. ボトムエントリーキャビネットからUPSに信号ケーブルを配線します。図のように、Class 2/SELVケーブルをnon-Class 2/non-SELVケーブルと個別に配線します。UPSのケーブルチャネル内の仕切りにより、ケーブルを離しておきます。
  13. 図のように、ボトムエントリーキャビネットの右半分から入力ケーブル、バイパスケーブル、およびPEケーブル/機器接地導体(EGC)を通して、UPSに配線します。
  14. 図のように、ボトムエントリーキャビネットの左半分からバッテリーケーブル、中性ケーブル、および出力ケーブルを通して、UPSに配線します。
  15. ボトムエントリーキャビネットに三角形のカバー、前面下部のプレート、および前面中央のプレートを再度取り付けます。
  16. 耐震措置として、UPSとボトムエントリーキャビネットに前面の耐震固定用金具を取り付け、前面の耐震固定用金具を床に固定します。床のタイプに合った適切な金具を使用してください。前面耐震金具のブラケットの穴の直径はø14mmです。使用する金具の最小要件は、M12強度グレード8.8です。

    UPSの前面図

  17. UPS設置マニュアルの説明に従い、電源ケーブルを接続します。
QR Code is a registered trademark of DENSO WAVE INCORPORATED in Japan and other countries.

この情報は役に立ちましたか?