990-91260A-018

信号線の接続

注: 信号線は、電源ケーブルとは個別に配線し、Class 2/SELVケーブルはnon-Class 2/non-SELVケーブルとは個別に配線してください。
  1. 以下のいずれかのオプションに従って、Class 2/SELV信号線を設備のEPOシステムからUPSのボード640–4864の端子J6600に接続します。

    EPO回路はClass 2/SELVと見なされています。Class 2/SELV回路は主回路から絶縁する必要があります。回路がClass 2/SELVであると確認できない場合は、EPO端子台に回路を配線しないでください。

    EPO設定(640~4864の端子J6600、1~9)

    EPO入力は24 VDCをサポートしています。

    注: EPO起動のデフォルト設定では、インバーターをオフにします。

    代わりにEPOの起動でUPSを強制スタティックバイパス運転に切り替えたい場合は、Schneider Electricにお問い合わせください。

  2. Class 2/SELV信号線を補助製品からUPSのボード640–4864に接続します。補助製品のマニュアルの指示に従ってください。
  3. Class 2/SELV信号線をUPSのボード640–4864の入力接点および出力リレーに接続します。

    回路がClass 2/SELVであると確認できない場合は、入力接点に回路を配線しないでください。

    入力接点は、24 VDC 10 mAをサポートしています。接続されているすべての回路で、同じ0 V基準を使用する必要があります。

    名前 説明 場所
    IN _1(入力接点1) 設定変更可能な入力接点 640-4864の端子J6616、1~2
    IN _2(入力接点2) 設定変更可能な入力接点 640-4864の端子J6616、3~4
    IN _3(入力接点3) 設定変更可能な入力接点 640-4864の端子J6616、5~6
    IN _4(入力接点4) 設定変更可能な入力接点 640-4864の端子J6616、7~8

    出力リレーは、24 VAC/VDC 1 Aをサポートしています。すべての外部回路には最大1 Aの速断型ヒューズを取り付ける必要があります。

    名前 説明 場所
    OUT _1(出力リレー1) 設定変更可能な出力リレー 640–4864の端子J6617、1~3
    OUT _2(出力リレー2) 設定変更可能な出力リレー 640–4864の端子J6617、4~6
    OUT _3(出力リレー3) 設定変更可能な出力リレー 640–4864の端子J6617、7~9
    OUT _4(出力リレー4) 設定変更可能な出力リレー 640-4864の端子J6617、10~12
  4. non-Class 2/non-SELV信号線を補助製品からUPSのボード640–4843に接続します。補助製品のマニュアルの指示に従ってください。
このページのためのQRコード

この情報は役に立ちましたか?