990-91260D-018

仕様

入力仕様

UPS定格 10 kW 15 kW 20 kW
電圧(V) 200/208/220 380400415 380400415 380400415 480
接続

4線(L1、L2、L3、N、G)WYE(1系統主電源)
3線(L1、L2、L3、G)WYE(2系統主電源)

4線(L1、L2、L3、N、PE)WYE(1系統主電源)
3線(L1、L2、L3、PE)WYE(2系統主電源)* *

3線(L1、L2、L3、G)WYEまたは4線(L1、L2、L3、N、G)WYE(1系統主電源)
3線(L1、L2、L3、G)WYE(2系統主電源)*

入力電圧範囲(V)

200 V:170~230
208 V:177~239
220 V:187~253

380 V:331~437
400 V:340~460
415 V:353~477

408~552

周波数範囲(Hz)

40~70

公称入力電流(A)

31/30/28

16/15/14

24/22/22

32/30/29

25

最大入力電流(A)

38/37/35

20/19/18

29/28/27

39/37/36

31

入力電流制限(A)

40/38/36

21/20/19

30/29/28

39/37/36

31

入力力率

負荷が50%を超える場合:0.99
負荷が25%を超える場合:0.95

総合高調波電流歪み(THDI)

全線形負荷(対称)の場合:3%未満

Minimum short circuit rating 上流保護に依存します。詳細については、400 Vに推奨される上流保護セクションを参照してください。
最大短絡遮断容量

65 kA実効値

保護

内蔵のバックフィード保護およびヒューズ

ランプイン

適応範囲は1~40秒で、プログラム可能

バイパス仕様

UPS定格 10 kW 15 kW 20 kW
電圧(V) 200/208/220 380400415 380400415 380400415 480
接続

4線(L1、L2、L3、N、G)WYE

4線(L1、L2、L3、N、PE)WYE

3線(L1、L2、L3、G)WYEまたは4線(L1、L2、L3、N、G)WYE*

バイパス電圧範囲(V)

200 V:180-220
208 V:187-229
220 V:198-242

380 V:342~418
400 V:360~440
415 V:374~457

432~528

周波数範囲(Hz)

50/60 ± 1、50/60 ± 3、50/60 ± 10(ユーザーが選択できます)

公称バイパス電流(A)

30/29/28

16/16/15

24/23/22

32/29/28

25

公称中性点電流(A)

50/48/45

26/25/24

39/37/36

53/50/48

42

Minimum short circuit rating 上流保護に依存します。詳細については、400 Vに推奨される上流保護セクションを参照してください。
最大短絡遮断容量 *

65 kA実効値

保護

内蔵のバックフィード保護およびヒューズ
内部ヒューズの仕様:定格160 A、溶断2.68 kA2s

出力仕様

注記: 出力接続の本数は、1系統主電源システムでは入力線の数、2系統主電源システムの場合にはバイパス線の数と一致している必要があります。

UPS定格

10 kW 15 kW 20 kW

電圧(V)

200/208/220

380400415

380400415

380400415

480
接続

4線(L1、L2、L3、N、G)

4線(L1、L2、L3、N、PE)

3線(L1、L2、L3、G、GEC*)または4線(L1、L2、L3、N、G)

出力電圧精度

対称負荷 ± 1%
非対称負荷 ± 3%

過負荷耐量

150%、1分間(通常運転)
125%、10分間(通常運転)
125%、1分間(バッテリー運転)
200/208/220/480 Vの場合:125%、連続運転(バイパス運転)
380/400/415 Vの場合:110%、連続運転(バイパス運転)
1000%、100ミリ秒(バイパス運転)

過渡電圧変動

2ミリ秒経過後 ± 5%
50ミリ秒経過後 ± 1%

出力力率

1

公称出力電流(A)

29/28/26

15/14/14

23/22/21

30/29/28

24

Minimum short circuit rating * 上流保護に依存します。詳細については、400 Vに推奨される上流保護セクションを参照してください。
最大短絡遮断容量 * 65 kA実効値

インバーター出力短絡特性

時間によって異なります。インバーター短絡特性(バイパスが利用できない場合)に記載されているグラフと表の値を参照してください。

周波数精度(Hz)

50/60 Hz(バイパス同期時) – 50/60 Hz ± 0.1%(自立運転時)

同期スルーレート(Hz/秒)

0.25、0.5、1、2、4、6にプログラム可能

総合高調波電圧歪み(THDU)

線形負荷の場合:<2%
、非線形負荷の場合:<5%
線形負荷の場合:1%未満
、非線形負荷の場合:3%未満

IEC 62040-3:2021に準拠した出力性能分類

NA

VFI-SS-11

NA

負荷波高率

2.5

負荷力率

低減なしで進み0.7~遅れ0.7

バッテリー仕様

以下の値は、すべてバッテリーブロック数が40の場合の値です。

UPS定格

10 kW 15 kW 20 kW

電圧(V)

200/208/220

380400415

380400415

380400415

480

負荷0~40%時の出力電力に対する充電電力の割合(%)

80%

負荷100%時の出力電力に対する充電電力の割合(%)

20%

負荷0~40%時の最大充電電力(kW)

8

8

12

16

16

負荷100%時の最大充電電力(kW)

2

2

3

4

4

公称バッテリー電圧(VDC)

480

公称浮動電圧(VDC)

545

最大ブースト電圧(VDC)

571

温度補償(セル当たり)

-3.3mV/°C(T ≥ 25 °Cの場合)~0mV/°C(T < 25 °Cの場合)

全負荷時の放電終止電圧(VDC)

384

全負荷および公称バッテリー電圧時のバッテリー電流(A)

22

22

33

43

43

全負荷および最小バッテリー電圧時のバッテリー電流(A)

27

27

41

54

54

リップル電流

< 5% C20(5分間のランタイム)

バッテリーテスト

手動/自動(選択可能)

最大短絡遮断容量

10 kA

IEC固有の仕様

サージ保護装置(SPD)

危険
感電、爆発、またはアークフラッシュの危険
このUPSはOVCII(過電圧カテゴリII)に準拠しています。OVCIIに準拠している環境でのみ、このUPSを設置することができます。
  • OVC定格がIIより高い環境にUPSを設置する場合は、過電圧カテゴリをOVCIIに下げるために、UPSの上流側にSPD(サージ保護装置)を設置する必要があります。
  • SPDには、SPDが動作可能であるのか、または設計通りに機能しなくなったのかをユーザーに表示する、状態表示器が含まれていなければなりません。状態表示器は、IEC 62040-1に従って、視覚的および/または可聴的であり、かつ/または遠隔操作信号および/または出力接点機能を備えています。
上記の指示に従わないと、死亡または重傷を負うことになります。

サージ保護装置の要件

以下の要件に適合するサージ保護装置を選択してください。

クラス タイプ2
定格電圧(Ur) 230/400 V、277/480 V
電圧保護レベル(Up) < 2.5 kV
短絡定格(Isccr)* 設置時予想短絡レベルにより異なります
接地システム* TN-S、TT、IT、TN-C
3極/4極(接地構成により異なります)
標準 IEC 61643-11 / UL 1449
モニタリング あり

推奨ケーブルサイズ(380/400/415 V用)

危険
感電、爆発、またはアークフラッシュの危険
すべての配線は、国が定める基準および/または電気規定に準拠する必要があります。最大許容ケーブルサイズは25 mm2です。
上記の指示に従わないと、死亡または重傷を負うことになります。
注記: 過電流保護は、別途ご用意ください。

このマニュアルに記載されているケーブルサイズは、IEC 60364-5-52の表B.52.3および表B.52.5の以下の表記内容に基づいています。

  • 導体温度90 °C

  • 周囲温度30 °C

  • 銅ケーブル使用

  • 設置方法C

PEケーブルのサイズは、IEC 60364-4-54の表54.2に基づいています。

周囲温度が30 °Cを超える場合、IECで明記されている補正係数に従ってより大きな導体を選択する必要があります。

注記: 推奨ケーブルサイズと最大許容ケーブルサイズは、補助製品によって異なる場合があります。一部の補助製品では、アルミニウムケーブルがサポートされていません。補助製品に付属している設置マニュアルを参照してください。
注記: 中性導体は、非線形負荷から高調波が発生した場合の1.73倍の相電流を処理できるサイズです。高調波電流は発生しない、または低調波電流が予想される場合は、これに従って中性導体のサイズを変更できますが、相導体よりも小さくすることはできません。

UPS定格

10 kW 15 kW 20 kW

電圧(V)

380400415

380400415

380400415

入力相(mm2

6

6

10

入力PE(mm2

6

6

10

バイパス/出力相(mm2

6

6

10

バイパスPE/出力PE(mm2

6

6

10

中性点(mm2

6

10

16

400 Vに推奨される上流保護

UPS入力/バイパス端子におけるIEC向け推奨上流保護および位相と接地間の最小予想短絡

危険
感電、爆発、またはアークフラッシュの危険
上流の過電流保護装置(およびその設定)は、UPSの入力/バイパス端子で計算または測定された最小予想短絡電流に対して、0.2秒以内の切断時間を確保するサイズにする必要があります。
上記の指示に従わないと、死亡または重傷を負うことになります。
以下の表に記載されている推奨ブレーカー(およびその設定)を使用することで、コンプライアンスが保証されます。

注記
意図しない機器動作の危険性
地絡障害保護として上流に漏電遮断器(RCD-B)を使用する場合、RCD-Bのサイズは本製品の漏れ電流(最大60 mA)でトリップしないように調整する必要があります。
上記の指示に従わないと、機器の損傷を負う可能性があります。

400 V IEC UPSに推奨される上流保護

注記: 地域での指令により4極サーキットブレーカーが必要な場合:ライン-中性相間の非線形負荷のために中性導体に大きな電流が流れることが予想される場合、サーキットブレーカーの定格は予測される中性点電流に従って決める必要があります。

IkPh-PEは、UPSの入力/バイパス端子で必要とされる位相と接地間の最小予想短絡電流です。表に記載されているIkPh-PEは推奨保護装置に基づいています。

UPS定格

10 kW 15 kW 20 kW
 

入力

バイパス

入力

バイパス

入力

バイパス

IkPh-PE(kA) 0.55 0.6 0.8 0.6 0.6 0.5

ブレーカータイプ

NSX100H TM25D (C10H3TM025)

NSX100H TM16D (C10H3TM016)

NSX100H TM32D(C10H3TM032)

NSX100H TM25D (C10H3TM025)

NSX100H TM40D(C10H3TM040)

NSX100H TM32D(C10H3TM032)

In(A)

25

16

32

25

40

32

Ir(A)

20

16

32

23

40

32

Im(A)

300(固定)

190(固定)

400(固定)

300(固定)

500(固定)

400(固定)

IECに推奨されるボルトおよびラグサイズ

ケーブルのサイズ(mm2 ボルトサイズ ケーブルラグタイプ
6 M6x16 mm

TLK6-6

10 M6x16 mm

TLK10-6

16 M6x16 mm

TLK16-6

漏れ電流

380/400/415 VのUPSシステムを100%の負荷で4線設置

UPS定格 漏れ電流
10~20 kW 60 mA

UL固有の仕様

推奨ケーブルサイズ(200/208/220/480 V用)

危険
感電、爆発、またはアークフラッシュの危険
すべての配線は、国が定める基準および/または電気規定に準拠する必要があります。最大許容ケーブルサイズは4 AWGです。
上記の指示に従わないと、死亡または重傷を負うことになります。
注記: 過電流保護は、別途ご用意ください。

このマニュアルにおけるケーブルサイズは、National Electrical Code(NEC)の表310.15 (B)(16)中の以下の表記内容に基づいています。

  • 90 °C(194 °F)の導体(75 °C(167 °F)の終端)

  • 周囲温度30 °C(86 °F)

  • 銅ケーブル使用

周囲温度が30 °C(86 °F)を超える場合、NECで明記されている補正係数に従ってより大きな導体を選択する必要があります。

機器の接地導体(EGC)のサイズは、NEC 250.122条および表250.122に従っています。

注記: 推奨ケーブルサイズと最大許容ケーブルサイズは、補助製品によって異なる場合があります。一部の補助製品では、アルミニウムケーブルがサポートされていません。補助製品に付属している設置マニュアルを参照してください。
注記: 中性導体は、非線形負荷から高調波が発生した場合の1.73倍の相電流を処理できるサイズです。高調波電流は発生しない、または低調波電流が予想される場合は、これに従って中性導体のサイズを変更できますが、相導体よりも小さくすることはできません。

UPS定格 10 kW 20 kW
電圧(V)

200/208/220

480
入力相(AWG/kcmil)

8

8

入力EGC(AWG/kcmil)

8

10

バイパス/出力相(AWG/kcmil)

8

10

バイパスEGC/出力EGC(AWG/kcmil)

8

10

中性点(AWG/kcmil)

6

6

注記: ケーブルサイズは、UIB、UOB、MBB、SSIBに対する80%の定格サーキットブレーカーがベースになります。

200/208/220/480 Vに推奨される上流保護

208 VのUPSに推奨される上流保護

注意
火災の危険
  • 以下の仕様の回路にのみ接続してください。
  • 最大63 Aの分岐回路の過電流保護に対応する回路に(米国電気安全基準、ANSI/NFPA70、カナダ電気安全基準、Part I、C22.1に従って)接続してください。
上記の指示に従わないと、負傷または機器の損傷を負う可能性があります。
注記: 過電流保護は他メーカーより提供されるもので、その機能が印されています。

UPS定格

10 kW
 

入力

バイパス

ブレーカータイプ

HJF36100U31X

Ir(A)

50

40

tr @ 6 Ir

0.5

li(x In)

1.5

480 VのUPSに推奨される上流保護

注意
火災の危険
  • 以下の仕様の回路にのみ接続してください。
  • 最大63 Aの分岐回路の過電流保護に対応する回路に(米国電気安全基準、ANSI/NFPA70、カナダ電気安全基準、Part I、C22.1に従って)接続してください。
上記の指示に従わないと、負傷または機器の損傷を負う可能性があります。
注記: 過電流保護は他メーカーより提供されるもので、その機能が印されています。

UPS定格

20 kW
 

入力

バイパス

ブレーカータイプ

HJF36100U31X

Ir(A)

40

35

tr @ 6 Ir

0.5

li(x In)

1.5

ULに推奨されるボルトおよびラグサイズ

注記
機器損傷の危険
UL承認済みの圧縮ケーブルラグのみを使用してください。
上記の指示に従わないと、機器の損傷を負う可能性があります。

機器接地導体/PEケーブル用の1穴ラグ(狭幅)

ケーブルサイズ ボルトサイズ ケーブルラグタイプ 圧着工具 ダイス
10 AWG M6 x 16 mm LCA10-14-L CT-1570 NA
8 AWG M6 x 16 mm LCA8-14-L CT-720 CD-720-1 Red P21
6 AWG M6 x 16 mm LCA6-14-L CT-720 CD-720-1 Blue P24
4 AWG M6 x 16 mm LCA4-14-L CT-720 CD-720-1 Gray P29

各相ケーブルおよびN相ケーブル用の絶縁フェルール(狭幅)

ボルトサイズ 絶縁フェルールの種類 圧着工具
10 AWG FSD82-18-C CT-1002、CT-1003、CT-1123
8 AWG FSD83-18-C CT-1003、CT-1004、CT-1104、CT-1123
6 AWG FSD84-18-C CT-1003、CT-1004、CT-1104
4 AWG FSD85-18-L CT-1005

インバーター短絡特性(バイパスが利用できない場合)

IK1 – 相と中性点間の短絡

IK1 400 V

S [kVA]

10ms; I[A]/I2t [A2t]

20ms; I[A]/I2t [A2t]

30ms; I[A]/I2t [A2t]

100ms; I[A]/I2t [A2t]

1s; I[A]/I2t [A2t]

10

33 / 11

33 / 22

33 / 33

29 / 104

23 / 603

15

50 / 25

50 / 50

50 / 75

44 / 235

34 / 1356

20

67 / 45

67 / 89

67 / 134

58 / 418

46 / 2411

IK1 480 V

S [kVA]

10ms; I[A]/I2t [A2t]

20ms; I[A]/I2t [A2t]

30ms; I[A]/I2t [A2t]

100ms; I[A]/I2t [A2t]

1s; I[A]/I2t [A2t]

20

56 / 31

56 / 62

56 / 93

48 / 290

38 / 1674

IK1 208 V

S [kVA]

10ms; I[A]/I2t [A2t]

20ms; I[A]/I2t [A2t]

30ms; I[A]/I2t [A2t]

100ms; I[A]/I2t [A2t]

1s; I[A]/I2t [A2t]

10

64 / 41

64 / 82

64 / 123

56 / 386

44 / 2229

IK2 – 二相間の短絡

IK2 400 V

S [kVA]

10ms; I[A]/I2t [A2t]

20ms; I[A]/I2t [A2t]

30ms; I[A]/I2t [A2t]

100ms; I[A]/I2t [A2t]

1s; I[A]/I2t [A2t]

10

34 / 11

33 / 23

33 / 34

28 / 99

22 / 571

15

50 / 26

50 / 51

50 / 76

42 / 223

33 / 1285

20

67 / 45

67 / 90

67 / 135

56 / 397

44 / 2284

IK2 480 V

S [kVA]

10ms; I[A]/I2t [A2t]

20ms; I[A]/I2t [A2t]

30ms; I[A]/I2t [A2t]

100ms; I[A]/I2t [A2t]

1s; I[A]/I2t [A2t]

20

56 / 31

56 / 63

56 / 94

47 / 276

37 / 1586

IK2 208 V

S [kVA]

10ms; I[A]/I2t [A2t]

20ms; I[A]/I2t [A2t]

30ms; I[A]/I2t [A2t]

100ms; I[A]/I2t [A2t]

1s; I[A]/I2t [A2t]

10

65 / 42

64 / 84

64 / 125

54 / 367

43 / 2112

IK3 – 三相間の短絡

IK3 400 V

S [kVA]

10ms; I[A]/I2t [A2t]

20ms; I[A]/I2t [A2t]

30ms; I[A]/I2t [A2t]

100ms; I[A]/I2t [A2t]

1s; I[A]/I2t [A2t]

10

30 / 9

30 / 18

30 / 27

29 / 88

23 / 574

15

45 / 20

45 / 40

45 / 60

43 / 198

34 / 1290

20

60 / 36

60 / 71

60 / 107

57 / 351

45 / 2294

IK3 480 V

S [kVA]

10ms; I[A]/I2t [A2t]

20ms; I[A]/I2t [A2t]

30ms; I[A]/I2t [A2t]

100ms; I[A]/I2t [A2t]

1s; I[A]/I2t [A2t]

20

50 / 25

50 / 49

50 / 74

48 / 244

38 / 1593

IK3 208 V

S [kVA]

10ms; I[A]/I2t [A2t]

20ms; I[A]/I2t [A2t]

30ms; I[A]/I2t [A2t]

100ms; I[A]/I2t [A2t]

1s; I[A]/I2t [A2t]

10

57 / 33

57 / 66

57 / 99

55 / 325

43 / 2121

トルク仕様

ボルトサイズ トルク
M4 1.7 Nm(1.25 lb-ft / 15 lb-in)
M5 2.2 Nm(1.62 lb-ft / 19.5 lb-in)
M6 5 Nm(3.69 lb-ft / 44.3 lb-in)
M8 17.5 Nm(12.91 lb-ft / 154.9 lb-in)
M10 30 Nm(22 lb-ft / 194.7 lb-in)
M12 50 Nm (36.87 lb-ft / 442.5 lb-in)

環境

  動作時 保管時
温度

0 °C~40 °C(32 °F~104 °F)

バッテリー付きシステムの場合:-15 °C~40 °C(5 °F~104 °F) 

相対湿度

5~95%、結露なきこと

10~80%、結露なきこと

標高

0~3000 m(0~10000フィート)の高度での運転用に設計されています。
1000~3000 m(3300~10000フィート)の範囲で必要な電力低減:
1000 m(3300フィート)まで:1.000
1500 m(5000フィート)まで:0.975
2000 m(6600フィート)まで:0.950
2500 m(8300フィート)まで:0.925
3000 m(10000フィート)まで:0.900

 
ユニットから1メートルの距離における騒音

400 V 10~20 kW:49 dB(負荷70%時)、55 dB(負荷100%時)

480 V 20 kWおよび208 V 10 kW:49 dB(負荷70%時)、55 dB(負荷100%時)

保護クラス

IP20

塗装色

RAL 9003、光沢度85%

適合規格

安全性 IEC 62040-1:2017, Edition 2.0, Uninterruptible Power Systems (UPS) - Part 1:Safety requirements
UL 1778 5th edition
EMC/EMI/RFI IEC 62040-2:2016, 3rd edition Uninterruptible Power Systems (UPS) - Part 2:Electromagnetic compatibility (EMC) requirements(第2版: 無停電電源装置(UPS)第2部: 電磁両立性(EMC)要求事項)C2
FCC Part 15 Subpart B, Class A(FCC規定パート15サブパートB、クラスA)
IEEE C62.41-1991 Location Category B2, IEEE Recommended Practice on Surge Voltages in Low-Voltage AC Power Circuits(IEEE C62.41-1991 ロケーションカテゴリーB2、IEEE推奨基準の低電圧AC電力回路のサージ電圧)
輸送 IEC 60721-4-2 Level 2M1
耐震 ICC-ES AC 156 (2015):OHSPD事前承認済み:z/h = 1の場合Sds = 1.33 g、z/h = 0の場合Sds = 1.63 g (Ip = 1.5)
接地システム TN-C、TN-S、TT、IT
過電圧カテゴリ このUPSはOVCIIに準拠しています。
OVC定格がIIより高い環境にUPSを設置する場合は、過電圧カテゴリをOVCIIに下げるために、UPSの上流側にSPD(サージ保護装置)を設置する必要があります。
保護クラス I
汚染度 2

性能

性能基準: IEC 62040-3:2021, 3rd edition Uninterruptible Power Systems (UPS) - Part 3:Method of specifying the performance and test requirements(第2版: 無停電電源装置(UPS)第3部: 性能規定方法および試験要求事項)。

IEC 62040-3の5.3.4項に準拠した出力性能分類VFI-SS-11

UPSの重量および寸法

  重量kg(lbs) 高さmm(in) 幅mm(in) 奥行きmm(in)

1個のバッテリーストリング付きUPS

245 (540)

1485 (58.46)

333 (13.11)

847 (33.35)

注記: バッテリーモジュール1台の重量は約32 kg(70.5 lbs)です。1個のバッテリーストリングはバッテリーモジュール4個から構成されています。

クリアランス

注記: 必要空間の寸法表示は、通気性のみを考慮するものです。使用地域での追加要求事項については、使用地域の安全規格および基準を参照してください。
注記: 必要な最小背面クリアランスは150 mm(5.91 in)です。
QR Code is a registered trademark of DENSO WAVE INCORPORATED in Japan and other countries.

この情報は役に立ちましたか?