990-91261C-018

スイッチギアーおよび他社製の補助製品からの信号線の接続

注: 信号線は、電源ケーブルとは個別に配線し、Class 2/SELVケーブルはnon-Class 2/non-SELVケーブルとは個別に配線してください。

他社製スイッチギアーを備えた単機システムの例

注: 内部保守ブレーカーIMB*は、外部保守バイパスブレーカーMBBを備えたシステムでは使用できません。また、内部保守ブレーカーIMB*は開の位置で操作禁止措置(南京錠で施錠)を行う必要があります。
  1. スイッチギアーのブレーカー表示灯からUPS上部にあるボード640-4864の端子J6618に信号線を接続します。外部電源が使用されている場合は、J6618のピン8と9からジャンパーを取り外します。
    注: ブレーカー表示灯回路はClass 2/SELVと見なされています。Class 2/SELV回路は主回路から絶縁する必要があります。回路がClass 2/SELVであると確認できない場合は、ブレーカー表示灯の端子に回路を配線しないでください。
  2. スイッチギアーの補助スイッチからUPS上部にあるボード640-4843に信号線を接続します。
    端末番号 機能 接続
    J6601 UOB_RED(ユニット出力ブレーカーにある冗長補助スイッチ) ユニット出力ブレーカーUOBにある冗長補助スイッチに接続します。
    J6602 SIB(システム絶縁ブレーカー) 並列システムのシステム絶縁ブレーカーSIBにある通常開(NO)の補助スイッチに接続します。SIBには、接続されているUPSごとに1つの補助スイッチが必要です。
    J6609 UOB(ユニット出力ブレーカー) ユニット出力ブレーカーUOBにある通常開(NO)の補助スイッチに接続します。
    SSIB(スタティックスイッチ入力ブレーカー) スタティックスイッチ入力ブレーカーSSIBにある通常開(NO)の補助スイッチに接続します。SSIBには、接続されているUPSごとに1つの補助スイッチが含まれる必要があります。
    J6614 UIB(ユニット入力ブレーカー) ユニット入力ブレーカーUIBにある通常開(NO)の補助スイッチに接続します。UIBには、接続されているUPSごとに1つの補助スイッチが含まれる必要があります。
    MBB(保守バイパスブレーカー) 保守バイパスブレーカーMBBにある通常閉(NC)の補助スイッチに接続します。MBBには、接続されているUPSごとに1つの補助スイッチが含まれる必要があります。
このページのためのQRコード

この情報は役に立ちましたか?