990-91261B-018

最終設置

危険
感電、爆発、またはアークフラッシュの危険
バッテリーには、感電やショートの危険性があります。バッテリーを取り扱う際は、以下の注意に従う必要があります。
  • 腕時計や指輪など、金属製の物は外してください。
  • 絶縁ハンドル付きの工具を使用してください。
  • 保護メガネ、手袋、保護靴を装着してください。
  • バッテリーの上に工具や金属のパーツを置かないでください。
  • バッテリー端子の接続や切断を行う前に、充電源の接続を解除してください。
  • バッテリーが誤って接地されていないかどうかを確認してください。誤って接地されている場合は、接地から外してください。接地されたバッテリーに触れると感電する危険性があります。設置や保守の間、接地を外しておけば、感電の危険性を減らすことができます(接地式電源回路を持たない機器やリモートバッテリー電源が該当します)。
これらの指示に従わない場合は、死亡または重傷を負うことになります。
警告
機器損傷の危険
システムが通電可能な状態になってから、バッテリーをシステムに搭載してください。バッテリー搭載から72時間(3日間)以上経過する前に、UPSシステムの電源を入れる必要があります。
これらの指示に従わない場合は、死亡または重傷を負う、または機器を破損する可能性があります。
  1. 配線ボックスに背面プレートを再度取り付けます。

    UPSの背面図

  2. 上部カバーを再度取り付けます。
    1. 上部カバーを傾けて、背面からUPSの上をスライドさせます。上部カバーの後部のタップを、UPS背面にあるスロットに取り付ける必要があります。
    2. 上部カバーを前面に押し下げます。

      UPSの背面図

    3. ネジを再度取り付けます。
  3. 耐震固定の場合のみ背面固定金具のブラケットが背面固定用金具に接続されるようにUPSを押し込みます。

    UPSの背面図

  4. レンチを使用して、UPSの前面と背面の水平調節の脚部を床面に着くまで下げます。水平器を使用してUPSが水平であることを確認します。
    注記
    機器損傷の危険
    レベリングフィートを下げた後はキャビネットを動かさないでください。
    これらの指示に従わない場合は、機器を破損する可能性があります。
  5. 耐震固定の場合のみUPSの前面の耐震固定用金具を床に固定します。床のタイプに合った適切な金具を使用してください。前面固定用金具のブラケットの穴の直径はø18mmです。
  6. バッテリーブレーカーBBを開(OFF)位置にします。
  7. 追加のバッテリーモジュールがある場合、それをスロットに押し込みます。ラックを下から順に埋めていきます。
  8. 追加のバッテリーモジュールのバッテリーモジュールハンドルを下げ、付属のネジを使用してハンドルをラックに固定します。
  9. バッテリーモジュールの前面にバッテリー端子を接続します。
  10. UPSにバッテリーカバーを再度取り付けます。
  11. UPSに前面パネルを再度取り付けます。
    1. UPSの前面パネルの下部にある2つのタップを斜めの角度でUPSに挿入します。
    2. 前面パネルストラップをUPSに再度取り付けます。
    3. 前面パネルを閉じ、2つのロックつまみをロックします。
このページのためのQRコード

この情報は役に立ちましたか?