990-91381-018

上部入線システムにおける信号ケーブルの準備

危険
感電、爆発、またはアークフラッシュの危険
取り付けられている配線口カバーにドリルやパンチで穴を開けないでください。また、キャビネットの近くでドリルやパンチを使用しないでください。
上記の指示に従わないと、死亡または重傷を負うことになります。
  1. 信号ケーブルのためのUPSの準備:
    1. カバーを取り外します。
    2. 配線口カバーとブラシプレートをUPSから取り外します。

      UPSの前面図

    3. グロメットを使用せずに設置する場合:ブラシプレートを再度取り付けます。
    4. グロメットを使用して設置する場合:配線口カバーにグロメット用の穴を開け、グロメットを取り付け、配線口カバーを再度取り付けます。
  2. 図のように信号ケーブルを配線して、Class 2/SELVケーブルをnon-Class 2/non-SELVとは個別に配線します。ケーブルチャネル内の仕切りにより、ケーブルを離しておきます。

    UPSの前面図

このページのためのQRコード

この情報は役に立ちましたか?