990-5910D-018

入力接点の設定

  1. 設定 > 接点とリレーをタップして、設定する入力接点を選択します。
  2. 選択した入力接点のドロップダウンリストから機能を選択します。
    なし:この入力接点に割り当てられた操作はありません。 発電機がUPSに給電中:UPSが発電機から給電されていることを示すための入力。UPSが発電機から給電されている間は、バッテリー充電電流の削減も選択する必要があります。発電機からの給電中のバッテリー充電電力0%(充電なし)、10%25%50%75%100%(フル充電)のいずれかに設定します。発電機からの給電中のバッテリー充電電力は、この機能に対してのみ選択することができます。
    地絡障害:地絡障害が発生していることを示すための入力。 バッテリー室換気装置が作動不能:バッテリー室を換気できないことを示すための入力。入力がアクティブになると、バッテリー充電器がオフになります。
    ユーザー定義1:汎用的な入力。 社外バッテリーモニターで障害検出:社外バッテリーモニタリングによって障害が検出されたことを示すための入力。入力がアクティブになると、UPSはアラームを送信します(他のアクションはありません)。
    ユーザー定義2:汎用的な入力。 高効率モード無効:この入力を有効にすると、UPSを高効率モード(ECOモードおよびECOnversionモード)に切り替えることはできません。また、アクティブな高効率モードは終了します。
    外部蓄電モニターによってマイナーな障害が検出されました:外部蓄電モニタリングによってマイナーな障害が検出されたことを示すための入力。 外部信号により充電器をオフにします:この入力を有効にすると、外部蓄電からの信号など、外部機器からの信号で充電器はオフになります。
    外部蓄電モニターによってメジャーな障害が検出されました:外部蓄電モニタリングによってメジャーな障害が検出されたことを示すための入力。 変圧器の温度が高過ぎます:変圧器の高温アラームが発生していることを示すための入力。
  3. OKをタップして設定を保存します。
QR code for this page

Was this helpful?