990-5910D-018

出力リレーの設定

  1. 設定 > 接点とリレーをタップして、設定する出力リレーを選択します。
  2. 遅延(秒)を設定します。
  3. 通電チェックモードを有効にします(初期設定では無効になっています)。

    通電チェックモードを有効にすると、出力リレーがアクティブになり、出力リレーに割り当てられているイベントが発生すると非アクティブになります(通常はアクティブ)。

    通電チェックモードを無効にすると、出力リレーが非アクティブになり、出力リレーに割り当てられているイベントが発生するとアクティブになります(通常は非アクティブ)。

    通電チェックモードは、出力リレーごとに個別に有効にする必要があります。こうすることにより、各出力リレーが稼働していない場合を検出できるようになります。

    • 出力リレーに対する給電が停止した場合、すべての出力リレーに割り当てられたイベントは、存在するものとして表示されます。

    • いずれか1つの出力リレーが稼働しなくなった場合、その出力リレーにイベントに割り当てられたイベントは、存在するものとして表示されます。

  4. 出力リレーに割り当てるイベントを選択します。各ページで、OKをタップして設定を保存し、矢印記号をタップして次のページに移動します。
    注: 複数の機能を同じ出力リレーに割り当てることができます。
    UPS共通アラーム:UPSに対してアラームが発生すると、出力がトリガーされます。 UPS保守モード:ユニット出力ブレーカーUOBがオープンになっている場合に出力がトリガーされ、UPSは保守モードに切り替わります。UPSは負荷に給電しません。
    UPS情報アラーム:UPSに対して情報アラームが発生すると、出力がトリガーされます。 外部障害:UPSが外部障害を検出すると、出力がトリガーされます。
    UPS警告アラーム:UPSに対して警告アラームが発生すると、出力がトリガーされます。 ファン動作不能:1つ以上のファンが稼働できなくなった場合に、出力がトリガーされます。
    UPS重大アラーム:UPSに対して重大アラームが発生すると、出力がトリガーされます。 バッテリー電圧低下:バッテリー電圧がしきい値を下回った場合に、出力がトリガーされます。
    システム共通アラーム:システムに対してアラームが発生すると、出力がトリガーされます。 バッテリーの動作異常:バッテリーが正しく動作していない場合に、出力がトリガーされます。
    システム情報アラーム:システムに対して情報アラームが発生すると、出力がトリガーされます。 バッテリー切断:バッテリーに接続されていない場合や、バッテリーブレーカーがオープンになっている場合に、出力がトリガーされます。
    システム警告アラーム:システムに対して警告アラームが発生すると、出力がトリガーされます。 インバーター過負荷:UPSがインバーター運転中、負荷が高い場合に出力がトリガーされます。
    システム警告アラーム:システムに対して重大アラームが発生すると、出力がトリガーされます。 出力過負荷:UPSがインバーター運転中またはバイパス運転中、負荷が高い場合に出力がトリガーされます。
    UPS通常運転:UPSが通常運転モードの場合に、出力がトリガーされます。 入力許容範囲外:入力が許容範囲外になった場合に、出力がトリガーされます。
    UPSバッテリー運転:UPSがバッテリー運転モードの場合に、出力がトリガーされます。 バイパス許容範囲外:バイパスが許容範囲外になった場合に、出力がトリガーされます。
    UPSスタティックバイパス運転:UPSが強制スタティックバイパス運転モードまたは要求スタティックバイパス運転モードの場合に、出力がトリガーされます。 EPO作動:EPOがアクティブになった場合に、出力がトリガーされます。
    UPS保守バイパス運転:UPSが内部保守バイパス運転モードまたは外部保守バイパス運転モードの場合に、出力がトリガーされます。  
  5. OKをタップして設定を保存します。
QR code for this page

Was this helpful?