990-6161-018

信号線の接続

  1. バッテリーブレーカーの下のスイッチで、各モジュール式バッテリーキャビネットにIDを割り当てます。設置手順の概略図に記載されている番号に従い、IDを設定してください。

    モジュール式バッテリーキャビネットの前面図

  2. 以下の手順で、付属の信号線をすべてのモジュール式バッテリーキャビネットに接続します。
    1. モジュール式バッテリーキャビネット間に配置されているボード640-7572で、付属の信号線0W12908をJ8008からJ8007に接続します。
    2. モジュール式バッテリーキャビネット間に配置されているボード640-7572で、付属の信号線0W76627をJ8011からJ8014に接続します。
    3. 最後のモジュール式バッテリーキャビネットの未使用のJ8007コネクターに終端プラグ(T)を取り付けます。
    モジュール式バッテリーキャビネット3 モジュール式バッテリーキャビネット2 モジュール式バッテリーキャビネット1

    2台のモジュール式バッテリーキャビネットの前面図

  3. 隣接UPSを使用する場合:
    1. モジュール式バッテリーキャビネット1のボード640-7572で、付属の信号線0W12908をJ8008に接続し、その信号線を右側に伸ばしてUPSに接続します(UPSへの接続方法については、UPS設置マニュアルを参照してください)。
    2. モジュール式バッテリーキャビネット1のボード640-7572で、付属の信号線0W76627をJ8011に接続し、その信号線を右側に伸ばしてUPSに接続します(UPSへの接続方法については、UPS設置マニュアルを参照してください)。
  4. リモートUPSを使用する場合:
    1. モジュール式バッテリーキャビネット1のボード640-7572で、信号線をJ8008に接続し、その信号線を右側に伸ばしてモジュール式バッテリーキャビネットの上部に出し、UPS設置マニュアルの説明に従ってケーブルをUPSに接続します。
      注: リモートUPSを設置する場合、付属の信号線0W12908では長さが足りません。5メートルの信号線(0J-0W4527)または50メートルの信号線(0J-0W3758)を、Schneider Electricから購入することができます。それ以外の長さの信号線が必要な場合は、Schneider Electricに問い合わせてください。この信号線は、Class 2/SELVとして分類されます。
    2. モジュール式バッテリーキャビネット1のボード640-7572で、信号線をJ8011に接続し、その信号線を左側に伸ばしてモジュール式バッテリーキャビネットの上部に出し、UPS設置マニュアルの説明に従ってケーブルをUPSに接続します。
      注: リモートUPSを設置する場合、付属の信号線0W76627では長さが足りません。付属の信号線0W76627のコネクターを使用して、新しい信号線の長さを調整してください。この信号線は、non-Class 2/non-SELVとして分類されます。

      リモートUPSを使用する場合の信号線の配線図

    リモートUPSを使用するモジュール式バッテリーキャビネット1の前面図

このページのためのQRコード

この情報は役に立ちましたか?