990-91111E-018

最終設置

  1. 上部カバーを再度取り付けます。
    1. 上部カバーを傾けて、背面からUPSの上をスライドさせます。上部カバーの後部のタブを、UPS背面にあるスロットに取り付ける必要があります。
    2. 上部カバーを前面に押し下げます。

      UPSの背面図

    3. ネジを再度取り付けます。

      UPSの前面図

  2. ケーブルラグが固定されていることを確認します。
    注意
    機器損傷の危険
    ケーブルラグが固定されていることを確認します。ケーブルを引っ張ることによりケーブルラグが動くと、ボルトが緩む可能性があります。
    上記の指示に従わないと、負傷または機器の損傷を負う可能性があります。
  3. 透明カバーを再度取り付けます。

    UPSの前面図

  4. 下部の前面プレートを再度取り付けます。

    UPSの前面図

  5. 耐震固定の場合のみ
    1. 付属のM8ボルトを使用して、UPSに前面の固定用金具のブラケットを取り付けます。
    2. UPS前面の耐震固定用金具を床に固定します。床のタイプに合った適切な金具を使用してください。前面固定用金具のブラケットの穴の直径はø18mmです。

    UPSの前面図

  6. レンチを使用して、UPSの前面と背面の水平調節の脚部を床面に着くまで下げます。水平器を使用してUPSが水平であることを確認します。この手順は、耐震固定付きのUPSには必要ありません。

    UPSの前面図

    注意
    転倒の危険
    レベリングフィートを下げた後はキャビネットを動かさないでください。
    上記の指示に従わないと、負傷または機器の損傷を負う可能性があります。
  7. UL 924とCSA C22.2 NOの場合のみ:141-15ソリューション:下部前面プレートのラベルにUPS出力定格(kW)を記入します。
  8. UPSに前面パネルを再度取り付けます。
    1. UPSの前面パネルの下部にある2つのタブを斜めの角度でUPSに挿入します。
    2. 前面パネルストラップをUPSに再度取り付けます。
    3. 前面パネルを閉じ、2つのロックつまみをロックします。
このページのためのQRコード

この情報は役に立ちましたか?